月尾嘉男: 清々しき人々 (MORGEN 連載)

論説など に戻る

第1回 日本の土木技術を先導した廣井勇 (2016年9月5日)
第2回 自分の楽しみのために研究したキャベンディッシュ (2016年10月5日)
第3回 卒業設計で京都を救済した技師・田邊朔郎 (2016年11月7日)
第4回 日本が東洋の英国になることを期待した教師・ヘンリー・ダイアー (2016年12月5日)
第5回 北方の土地と人々を熱愛した旅人・松浦武四郎 (2017年1月6日)
第6回 関東大震災を警告した地震学の先駆者・今村明恒 (2017年2月6日)
第7回 自然保護と産業育成に尽力した前田一族 (2017年3月6日)
第8回 一人で20万人分の戦果をあげた明石元二カ (2017年4月7日)
第9回 現在も台湾で崇拝される技師・八田與一 (よいち) (2017年5月8日)
第10回 信念を追求して夭折した天才数学者・エヴァリスト・ガロア (2017年6月7日)
第11回 日本の林業の発展に活躍した本多静六 (2017年7月7日)
第12回 自力で四日市港を建設した稲葉三右衛門 (2017年9月7日)
第13回 持出しで玉川上水を開削した庄右衛門と清右衛門 (2017年10月6日)
第14回 薩摩武士の気概を後世に伝承した宝暦治水 (2017年11月8日)
第15回 人生の最後に大作を開花させた伊能忠敬 (2017年12月7日)
第16回 明治時代に情報社会を見通した天才 志田林三郎 (2018年1月9日)
第17回 ヨセミテの自然保護に尽力したジョン・ミューア (2018年2月5日)
第18回 生涯をかけて雪国を紹介した鈴木牧之 (ぼくし) (2018年3月7日)
第19回 既存体制に挑戦した企業家アニータ・ロディック (2018年4月6日)
第20回 私財すべてを投入して故郷を再建した濱口梧陵 (ごりょう) (2018年5月8日)
第21回 江戸時代に日露紛争を解決した商人 高田屋嘉兵衛 (2018年6月6日)
第22回 不屈の精神で最悪の探検から生還した E・シャクルトン (2018年7月6日)
第23回 北海道をコメの一大産地にした中山久蔵 (2018年9月6日)
 
以上の23回分を再編集した 『清々しき人々』 が2018年12月に刊行されました

以下は目次情報のみです


第24回 権威に対抗した偉大な植物学者 牧野富太郎 (2018年10月9日)
第25回 幕末から明治に多彩な能力を発揮した 福士成豊 (2018年11月7日)
第26回 大学を創設し妖怪の研究でも名高い井上圓了(えんりょう) (2018年12月7日)
第27回 日本の近代河川改修を指導したデ・レイケ (2019年1月9日)
第28回 日本に野鳥観察を定着させた中西悟堂 (2019年2月8日)
第29回 生物環境の危機を最初に警告したレイチェル・カーソン (2019年3月8日)
第30回 企業の社会責任の先駆 伊庭貞剛 (2019年4月12日)
第31回 北斎に匹敵する天才絵師 河鍋暁斎 (かわなべょうさい) (2019年6月1日)
 
月尾嘉男の洞窟
単行本
『航海物語 ─ 書を捨てよ! 海に出よう!』 (遊行社2015) の拡張版 (海戦の話: 第十一章相当)

ざぶん賞

Home page に戻る